会計士59名・税理士64名を擁する総合会計事務所
AGSコンサルティング | AGS税理士法人

agsのロゴ

メニューを開くボタン
最新セミナー情報イメージ画像

最新情報

セミナー

11月12日 海外事業支援セミナーのご案内

AGSグループ

近年、企業の海外進出が加速していおります。このような経済状況の中、より一層のサービスの向上をはかるため、弊社におきましても、去る2013年4月1日にシンガポール支社を開設致しました。
本講演では、最新の国際税務の動向や、海外展開を行う上での実務に沿ったノウハウ・留意点等のご案内をさせていただいております。また、弊社シンガポール支社長の中川利海により、海外進出先として注目を浴びているシンガポールについて「海外展開の実務対応とシンガポールの最新動向」をテーマに講演致します。
本セミナーを参考に、貴社の海外展開に関する戦略策定のお役にたてていただければ幸甚です。

開催概要

日時 2014年11月12日(水)14:00〜17:00
会場 AGSセミナールーム
東京都中央区日本橋室町1-7-1 スルガビル9階(1階にスターバックス)
定員 50名 ※定員になり次第、締め切らせていただきますのでご了承ください。
主催 AGSグループ
参加費 無料 ※事前申し込みが必要です。
対象 経営者、役員、経営企画、事業企画、海外・国際部門、人事部門ほか、各事業部門の管理職の方々

プログラム

14:05〜14:50 第1部 海外進出後の税務対応のポイントについて
近年の規模・業種を問わない海外進出が継続するなか、海外進出の形態も次のフェーズをむかえており、今後の海外進出のあり方を検討する上で、国際税務の重要性は、ますます高まっています。
海外展開に関する税務をテーマとして、特に進出後の税務対応(統括会社の活用、外国税額控除、配当免税制度、タックスヘイブン対策税制など)について、税務面のポイントをご紹介させていただきます。
【講師紹介】国際事業部マネージャー 税理士 船津 博之
2002年大原情報ビジネス専門学校 税理士課に入社後、2006年KPMG税理士法人ファイナンシャルサービスアドバイザリー部門を経て2010年より当社にて勤務。主にアウトバウンドの国際税務案件を多く手がけている。
15:00〜16:00 第2部
(1)移転価格税制 近年、各国の執行強化及び日本の移転価格課税の追徴報道など、国際的な取引を行う企業においては移転価格税制の見地を持つことが必須となっています。そこで、企業がおかれているフェーズごとに、現実的な移転価税制対策の概要をご紹介させていただきます。
(2)海外子会社管理 現在、日系企業の多くが販売拠点・生産拠点の海外展開を加速させている中、海外子会社を管理する上で日本親会社が認識しておかなければならない基本的な考え方及び効果的かつ効率的な管理方法の事例等をご紹介させて頂きます。
【講師紹介】国際事業部マネージャー 南野 弘行
2002年より当社にて勤務。ドキュメンテーション作成などの移転価格案件やアウトバウンドの国際案件を中心に、中小法人から上場会社までの幅広い国際税務業務を手がけている。
公認会計士、米国公認会計士 松本 正則
2003年朝日監査法人(現KPMGあずさ監査法人)国内及び国際監査事業部門を経て、2013年より当社にて勤務。主に、内部統制構築業務、IPO支援業務等幅広く手掛けている。
16:10〜17:00 第3部 シンガポール基礎情報と最新動向について
アセアン進出のゲートウェイとしてシンガポールが大変注目されております。
シンガポールは日本など先進国からの投資を誘致するため、インフラ整備、英語公用語化などのほか、税制では低税率や広い非課税所得などを設けていることが有名です。また大手企業が当インフラや税制面などから地域統括拠点を置くことでも有名です。
今回、国の概観をはじめシンガポールの会計・税務から地域統括に関する税制までご紹介させていただきます。
【講師紹介】シンガポール支社長 税理士 中川 利海
2000年桜井会計事務所、2001年KPMGピートマーウィック(現KPMG税理士法人)国際税務部門を経て、2004年より当社にて勤務。2013年よりシンガポール支社長。シンガポールに進出している日系企業に対し、日本・シンガポール両国の見地から会計税務に関するワンストップサービスを提供している。

お申し込み

【個人情報の取り扱いについて】

個人情報取り扱いについてはこちらにてご確認ください。

ご登録いただいた個人情報を、目的の範囲を超えて利用することはございません。また、ご本人の事前の同意なく第三者に提供することはございません。

【お問い合わせ】

AGS税理士法人
TEL:03-6803-6720
担当:中田