会計士55名・税理士78名を擁する総合会計事務所
AGSコンサルティング | AGS税理士法人

agsのロゴ

メニューを開くボタン
最新情報

最新情報

セミナー

【7/30】新型コロナウイルス下における資金繰り対策と経営存続のためのポイント

AGSグループ

【開催日時】 2020年7月30日(木)9:00~11:30
【概要】 新型コロナウイルス感染症により企業経営に悪影響が生じている現在、企業を存続させるためには、資金繰り対策や経営改善などの対策を取る必要性が高まっています。
しかし、政府等の支援策は広範かつ複雑であるだけでなく、次々と新しい施策が打ち出されたり、変更がされているため、理解することが容易ではありません。
 
そこで、本セミナーでは、企業経営や事業再生のコンサルティングに豊富な実績を持つ二人の講師が、コロナ下の資金繰り支援策など、経営存続のために実際に利用できるメニューを詳述します。
また、コロナの影響を受けた企業が経営を存続させるために取った具体的対策事例を交えながら解説します。
 
1)コロナにおける資金繰対策の概要
①資金繰り支援の概要
②資金繰り改善のための手法
③事業再生の手法
 
2)コロナ禍における企業経営に対する影響の実態
①飲食業の事例
②アパレル業の事例
 
3)コロナ禍における企業存続のための対策
①資金調達事例
②短期的な収益改善策
③M&Aも視野に入れた企業存続策
 
【主催】 金融ファクシミリ新聞社様
【講師紹介】 福岡 真之介(ふくおか しんのすけ)氏
1996年東京大学法学部卒業。98年司法修習修了(50期)。
2001年西村あさひ法律事務所入所、現在に至る。
企業法務や事業再生、ビッグデータなどの分野で活躍中。
<著書>
 『アメリカ連邦倒産法概説[第2版]』(商事法務・2017)、「中小企業再生支援マニュアル」(清文社・2013)
「新型コロナウイルス感染症に関する資金繰り対策の全体像(5月18日時点)(西村あさひ法律事務所・事業再生/倒産ニューズレター2020年5月20日号)など多数。
 
 
伊藤 晋之介(いとう しんのすけ)氏
2009年税理士登録、2006年㈱AGSコンサルティング入社、AGS名古屋支社へ転勤し企業再生事業に従事し副支社長を歴任、2019年より東京本社にてBC(ビジネスコンサルティング)事業部長へ就任し現在に至る。
リーマンショック後から企業再生に10年携わり、中小企業再生支援協議会案件/RCC(整理回収機構)案件/事業再生ADR案件など豊富な経験を有する。
変革の時代にクライアントの「想い」を理解し、共に実現していくパートナーとして「あなたに会えて良かった」と言っていただけるよう、実践的な専門性と心のこもったサービスを心がけている。
 
【参加費】 1人目 25,500 円(税込 28,050 円)
2人目から 24,500 円(税込 26,950 円)
 
【お申込み】 お申込みはこちらのフォームよりお願い致します