会計士55名・税理士78名を擁する総合会計事務所
AGSコンサルティング | AGS税理士法人

agsのロゴ

メニューを開くボタン
最新情報

最新情報

ヘルスケア

独立行政法人国立病院機構に対する消費税申告業務等の関与を開始しました

AGSグループ

AGS税理士法人は2019年8月より5年間、独立行政法人国立病院機構に対して税務顧問としての関与を開始いたしました。
 
独立行政法人国立病院機構は、全国141の病院を有しており、
高度急性期から慢性期までの診療を担う、国内最大規模の病院ネットワーク組織です。
 
また、各病院では診療のみでなく臨床研究や教育研修にも注力するとともに、
救急・周産期・小児・災害等のセーフティネット分野の医療にも積極的に取り組んでおり、
地域の基幹病院としての機能を担っています。
 
AGS税理士法人が税務顧問として担うべき役割は以下の5点となっております。
 
① 本部及び全国の病院で実務を行う担当者からの税務に関する相談対応
② 本部及び全国の病院で適切な税務処理が実施されているかの実地監査
③ 機構職員の税務知識を深めるための税務研修実施
④ 機構職員が使用する消費税処理マニュアルの更新
⑤ 消費税に関する税務申告書の作成・届出
 
このような国内最大規模の病院ネットワーク組織への税務・会計面での支援を通じて、
AGS税理士法人は医療業界の更なる発展に寄与してまいります。
 
 
>ヘルスケアサービスについては こちら をご覧ください。