会計士60名・税理士65名を擁する総合会計事務所
AGSコンサルティング | AGS税理士法人

agsのロゴ

メニューを開くボタン

採用イメージ画像

採用情報

先輩社員紹介

2010年入社
第3事業部
マネージャー

「鈴木秀弥」の場合

同世代には“負けない経験”が積める場所

今どのような仕事をしていますか?

新卒で入社してから今年で8年目になります。現在は、事業承継のコンサルティングなどの現場業務が半分とマネジメントや営業に関する業務が半分です。これまで、税務の仕事を中心に、事業承継やIPO、事業再生など様々な分野を経験してきました。その中で、オーナー様のもっともプライベートな領域であり、合理性だけでは解決できない事業承継の分野にとても「やりがい」を感じています。また、1つのチームを任されて、営業から受注案件のアサイン、メンバーの育成など、マネジメント業務を経験する中で、責任感や全体感など、仕事への考え方や姿勢が変わったことを実感しています。

印象に残った出来事について教えて下さい。

金融機関に2年間出向したことがもっとも印象に残る出来事であり、今の自分に大きな影響を与えた経験の1つです。出向先はメガバンクの事業承継チームでした。当時の私は、まだまだ事業承継に関する経験は豊富ではありませんでしたが、配属先のそのチームには事業承継の専門知識や豊富な経験があるメンバーがたくさんいて、その方々から出てくる、事業承継に関連する税務の質問に回答する日々が始まりました。もう、緊張の毎日です(笑)。出向してきた手前、「わかりません」とは言えませんので、先輩や同僚に聞いたり、自身で勉強したりの毎日を過ごしました。今思えば、あの時に学んだ知識やプレッシャーを乗り越えて得た自信が、私を成長させてくれたと思っています。

AGSを選んだ理由について教えて下さい。

「総合的なコンサルティング会社」であることがAGSを選んだ理由です。専門学校主催の合同説明会でAGSの事業概要を聞いたときに、「自身の専門性を広げることも深堀することも、どちらもできる会社だな」と思いました。実際、入社してから7年の間で、サービス分野では、IPOからはじまり、事業再生、事業承継、M&Aなどを経験し、顧客層では、個人の居酒屋さんから上場会社の税務顧問までを経験することができました。また、私の場合、メガバンクへの出向も経験しているので、同世代と比べても、かなり特殊な経験を積めたと思っています。

(本文の内容は2017年当時のものです。)

仕事の流れ

1日、3ヶ月の仕事の流れをご紹介します。