会計士59名・税理士64名を擁する総合会計事務所
AGSコンサルティング | AGS税理士法人

agsのロゴ

メニューを開くボタン

採用イメージ画像

採用情報

先輩社員紹介

2013年入社
第4事業部
アシスタント

「山口 壮太」の場合

一番最初に担当した仕事で
いろんなことを学んだ

山口メイン

今どのような仕事をしていますか?

山口1

私は、TA業務とMS業務に携わらせて頂いております。具体的には、TA業務では企業の実態を明らかにするために行われる、財務調査に関わらせて頂いております。入社当初は、メンバーのサポート的な立ち回りが多く、調査の手順・流れを勉強させて頂きました。最近では、部分的に調査担当を任されたりと、日々成長を実感しています。また、MS業務ではいわゆる税務顧問業務を行い、月次報告、決算、確定申告はもちろんのこと、お客様によっては給与計算、法定調書の提出など、多岐にわたって会社経営に関するお手伝いをさせて頂いております。入社当初は、先輩と2人担当制で作業をしておりましたが、徐々にメインで動くようになり、規模の小さいお客様については、決算書・申告書の作成を一通り経験させて頂きました。

印象に残ったお客様について教えて下さい。

山口2

やはり、一番最初に担当を持つことになったお客様でしょうか。会社の規模としては、従業員数10名にも満たない小さな会社でしたが、業務範囲は広く、記帳代行・給与計算の月次業務から、償却資産税の申告・法定調書の提出等、まさにフルサポートで関わらせて頂きました。また、私が担当してすぐの頃に、資金繰りが悪化したことから、財務面の管理を当社でやらせて頂き、日々の出金・入金を追いながら、社長・先輩・私の3人で解決策について議論したこともありました。もちろん、今でも担当をさせて頂いておりますが、今となっては節税策を考えなければならない程に業績が回復、資金繰りについて議論したことが良い思い出です。

どうやって仕事と勉強を両立していますか?

一番重要なのは、10分でも良いので、毎日勉強するクセを入社前につけておく事だと思います。学生時代と比べてまとまった時間を取るのが難しくなってくるので、休日は総合問題等の計算問題を回すことになり、平日については理論を回していました。また、試験直前期の7月は、試験休暇を使えば連続2週間の休暇を取ることも可能です。実際に、今年の7月には有給休暇とあわせて3週間の休暇を頂き、集中して勉強に取り組むことが出来ました。

(本文の内容は2014年当時のものです。)

仕事の流れ

1日、3ヶ月の仕事の流れをご紹介します。