会計士64名・税理士72名を擁する総合会計事務所
AGSコンサルティング | AGS税理士法人

agsのロゴ

メニューを開くボタン

採用イメージ画像

採用情報

先輩社員紹介

2007年入社
第7事業部
シニアコンサルタント

「大久保 樹理」の場合

同性の社長との出会いが
やる気の原動力

今どのような仕事をしていますか?

大久保1

入社当初は税務顧問業務が中心でしたが、現在ではIPO業務と税務顧問業務をメインに仕事をしています。私が所属している事業部の特性上、公認会計士と税理士が半々くらいで所属しています。そのおかげで、IPO業務、税務顧問業務以外にもTA業務、M&A業務等、幅広い業務に携わることができています。その中でもメイン業務のIPO業務につきましては、各種資料の作成支援や上場準備体制構築支援を中心に行っています。税務顧問業務では、会計内容のチェックをはじめ、財産評価や各種申告書の作成、資金調達が必要な際の事業計画作成を行ったりしています。税務顧問としましては、株式会社だけでなく、医療法人や学校法人なども担当させて頂いております。

印象に残ったお客様について教えて下さい。

大久保2

私にとっては担当させて頂いたお客様すべて印象に残っていますが、その中でも特に年下の社長様と女性社長のお客様です。年下の社長様というのは、関与当時は社長ではなかったのですが、2年後くらいに社長に就任され多くの従業員の方を束ねていらっしゃいました。もともと頭の回転が速く、行動力と実行力のある方だという印象は持っていましたが、そんなに若くしてこれだけの規模の会社を統率できる力にただただ驚嘆していました。そんな社長の姿をみていると、私ももっと頑張らないと、と私にやる気を与えてくれた原動力になる存在でした。また、女性社長のお客様は何名かいらっしゃいますが、その皆さんがとても聡明で、私にとってはとてもキラキラと輝く存在に見えました。同じ女性として、仕事上、とてもお手本になる方ばかりです。

AGSを選んだ理由について教えて下さい。

AGSを選んだ理由は、雰囲気です。初めての就職活動のため、仕事内容は本で読むような知識しかなく、同じ仕事内容なら働きやすそうなところにしようと決めていました。就職面談会の会場でたくさんの会計事務所がある中、AGSの社員の方、さらに会場に来ていた社長(当時副社長だったと思います)とお話ししてみて、会計事務所に抱いていた固いイメージを払拭させてくれるような明るい笑顔で接して頂いたことを印象深く思い出します。ちなみに、入社からだいぶ時間は経ちますが、雰囲気は最初に思ったとおりの印象のままです。

(本文の内容は2014年当時のものです。)

仕事の流れ

1日、3ヶ月の仕事の流れをご紹介します。