会計士55名・税理士78名を擁する総合会計事務所
AGSコンサルティング | AGS税理士法人

agsのロゴ

メニューを開くボタン

採用イメージ画像

採用情報

AGSメンバーのキャリア感

お客様と共に自分自身も
成長していける


新井 成道

新井メイン

case
0

今どのような仕事をしていますか?

新井1

第3事業部において、TA(ターンアラウンド)業務を中心にIPO業務やMS業務にも従事しております。TA業務では、プロジェクトマネージャーとしてプロジェクトを成功に導く役割を担っており、データ分析や経営者・従業員へのヒアリング等により得られたお客様の課題に対して、その解決に向けて経営者と議論を交わし、再生計画の立案作業や金融機関への説明対応を行っております。また、再生計画が「絵に描いた餅」とならないように、お客様の内部に入り込み実行段階でのご支援も行っております。TA業務は業績が落ち込んだお客様に対するご支援であります。短期的に健全な状態に戻すことは非常に難しいですが、継続的な取組みによりお客様の業績が改善し、お客様から感謝のお言葉をいただけることにTA業務のやりがいがあると感じております。

印象に残ったお客様について教えて下さい。

新井2

初めてプロジェクトマネージャーを任されたお客様は特に印象に残っております。それまではプロジェクトメンバーとして一部の業務にしか関与していなかったため、プロジェクトの全体像やお客様が再生するために必要となるポイントを掴めておりませんでした。しかし、プロジェクトマネージャーの場合、お客様が再生していくまでの道筋を示すことが重要であるため、それを見出すために可能な限りお客様の現場に足を運び、外部・内部のデータを検証し、役員・従業員とともに夜遅くまで議論を重ね、再生計画を作成いたしました。全従業員を巻き込んで一緒に作り上げた再生計画であったため、全従業員が十分理解し、腹落ちした計画となり、実行段階に移行してもスムーズにプロジェクトを進めることができました。 お客様とともに私自身も成長できたプロジェクトであったと印象に残っております

AGSへ転職したときの感想を教えてください。

監査法人で約6年間勤務しておりましたが、監査業務では味わえないお客様と距離の近いご支援、お客様への直接的なご支援を行いたいと思い、転職を決意しました。転職した当初より今も感じておりますが、お客様を第一に考えて仕事に取り組んでいる会社がAGSだと思います。例えば、お客様より非常にタイトなスケジュールでご依頼を受けた場合であっても、事業部の垣根を越えたメンバー調整を行い、必要に応じて役員自ら現場をコントロールすることもあり、お客様の要望に最大限応えようという意識と雰囲気がAGSにはあると思います。また、AGSでは6つの事業がありますが、年に1度行われるアンケートにより希望の事業部へ異動することも可能です。私もこれまで、事業ではMS事業、TA事業、IPO事業に携わり、拠点では東京、名古屋で勤務いたしました。会計士の資格を活かして様々な仕事を経験できることもAGSの魅力だと感じております。

(本文の内容は2014年当時のものです。)