会計士55名・税理士78名を擁する総合会計事務所
AGSコンサルティング | AGS税理士法人

agsのロゴ

メニューを開くボタン

採用イメージ画像

採用情報

AGSメンバーのキャリア感

「家庭と仕事」の両立
そんな課題を応援してくれる


富永 裕美子

富永

case
0

今どのような仕事をしていますか?

富永1

「事業開発本部」のマネージャーとして、法人の事業承継や個人の相続税に関するご相談受けやご提案を行っています。特に最近は相続税増税への関心が非常に高く、相続税のセミナー講師などもしていますが、皆さんものすごく真剣な目で聞いてくださいますね。終了後のご質問を受けると、大体いつも時間オーバーになります(笑)「相続」と聞くと何となく重たく感じてしまうかもしれませんが、お客様が一歩踏み出して「考えてみようかな」「話を詳しく聞いてみようかな」と思うきっかけになれれば、と思っています。相談者様から「女性だと相談しやすい」とか、「良い話を聞けて良かった」と言っていただけることが、次なる仕事への糧ですね。いつも相談者様からパワーいただいています。

AGSはどんな雰囲気でしょうか。

富永

女性もやりたい仕事を見つけて、生き生きと働ける会社だと思います。「女性だから、××の仕事はできない」と言うことはAGSでは一切ありません。私が入社した頃はまだ女性が少なかったのですが、最近はだいぶ増えて華やかになった気がしますね。女性特有の悩みと言えば「家庭と仕事との両立」だと思います。でも、頑張る姿勢や前向きな気持ちさえ持っていれば、周囲の仲間や会社が応援してくれる、そんな会社がAGSだと思います。私自身も何度も両立の壁にぶつかってきましたが、そのたびに皆さんに助けていただき、今があると感謝しています。

AGSを選んだ理由について教えて下さい。

前職は某監査法人で8年ほど監査をしていましたが、以前から税務に強くなりたいと思っていたため、税理士法人を中心に転職先を探しました。当時は税務未経験に近い状況でしたので、こんな私を受け入れてくれる会社があるか最初はとても心配でした。会計・税務に強いと言われていた転職コンサルティング会社に登録したところ、担当コンサルタントの方が「とにかくアットホームで、絶対に1番のお奨めです!!富永さんにも合うと思います。」と強くご紹介してくださったのがAGSでした。面接では、会長の「うちは自分でやりたい仕事をどんどんできる会社だと思う。一緒に頑張って行こう」と言う力強い言葉に惹かれ、結局転職活動は1社で即終了となりました。他社を見てみよう、という気は全くおきず、面接時のインスピレーションや相性が決め手だったように思います。

(本文の内容は2014年当時のものです。)