会計士59名・税理士64名を擁する総合会計事務所
AGSコンサルティング | AGS税理士法人

agsのロゴ

メニューを開くボタン

現状把握・課題の抽出

中立的な立場により、事業面・財務面を中心として複数の視点から現状を分析・課題を抽出します。

中立的な立場から、デューデリジェンスを実施することにより、現状を分析します。
事業デューデリジェンスにおいては、外部環境分析、市場分析、競合分析、バリューチェーン分析、自社機能分析、SWOT分析など、多数の切り口から分析を実施します。多面的に事業を分析することで、事業ごとの経営課題を漏れなく抽出するものであります。
財務デューデリジェンスにおいては、収益面及び財務面から分析を行います。収益面においては、過去における収損益状況の詳細分析から、採算悪化要因を数値面のアプローチから把握するものであります。財務面においては、本当の財務体力を正確に把握し、事業計画において改善策への材料となる資金・資産を確認するものであります。
また、場合によっては弁護士や不動産鑑定士と協働し、法務や不動産に関する調査も行います。
上記の調査手続により、客観的に現状を把握することで、経営課題の抽出を図ります。

デューデリジェンスによる現状把握・課題の抽出

事前簡易調査
事前簡易調査

お問い合わせ

●サービス