会計士59名・税理士64名を擁する総合会計事務所
AGSコンサルティング | AGS税理士法人

agsのロゴ

メニューを開くボタン

資本政策の策定

貴社のご要望にあった資本政策の立案・実行をサポート

資本政策とは、株式公開に至るまでの道筋を立てること、および、公開後の展開を具体的に計画実行していくことです。資本政策では、「資金調達」「株主利益の適正な実現」「株主構成の適正化」を図るための新株発行・株式移動等のプランニングを実施します。資金を、どのような構成のもとに、いつ、どのような方法で調達するかが重要なポイントとなり、そのためのプロセス、方法にはさまざまなものがあります。株式市場を通じて低コストで資金調達をすることにより、貴社の財政体質を強化し、またオーナーは創業者利潤を実現させることができます。

資本政策立案の手順

■事業計画の策定
投資家に対して将来像を分かりやすく理解してもらえる事業計画を策定します。

■資本政策の目的の明確化
資金調達、安定株主の確保、創業者のキャピタルゲイン、従業員へのインセンティブなど、資本政策の目的を明確にします。

■株式公開の手法・市場の選定
株主割当増資、第三者割当増資、株式分割、ストックオプションなどの手法を選定します。また、株式を公開する市場を選定します。

■資本政策の目標設定
株式公開基準と企業の現状を分析して、そのギャップを認識し目標設定を行います。

■公開までの行動計画策定
公開基準とのギャップを明確にした上で、実現のための具体的行動計画を策定します。

お問い合わせ

●サービス