会計士61名・税理士63名を擁する総合会計事務所
AGSコンサルティング | AGS税理士法人

agsのロゴ

メニューを開くボタン

上場会社顧問

税務・会計顧問、M&A顧問、国際税務顧問を組み合わせた総合的な顧問サービス。

上場会社には、単純な顧問は必要ないのではないでしょうか。

税務・会計に関しては監査法人に確認する事前検討の為の相談相手として、M&Aや国際税務に関しては高度・複雑な質問にも対応できる専門家として、AGSはクライアントに対してトータルサポートを行うことのできる顧問として存在しています。

税務・会計顧問

上場会社の税務会計レベルにふさわしい税務・会計対応を行います。
税務については、連結納税・組織再編税制・その他専門性の高い税務知識に長けたスタッフがサービスを提供します。会計についても、最新の会計基準や他社事例に明るいスタッフが、現場に即した対応を行います。また、いわゆる税務上と会計上の差異をしっかりと把握して税務・会計の両面を意識したアドバイスを実施しています。

特に税務に関しては、AGSの外部顧問からのバックアップも受け、より実践的かつ論理的なアドバイスを可能にしております。

<サービスメニュー例>

  • 税制改正勉強会の開催
  • 国税OBの活用(法人税分野、国際税務分野、組織再編税制、資産税分野、移転価格税制など)
  • 税務・会計・会社法等の最新情報のスモール勉強会(FSR)

M&A顧問

企業の成長戦略の一環であるM&A戦略について、AGSの主力サービスである「M&Aサービス」で蓄積したノウハウを基に、日常的にM&A案件に関するアドバイスを提供することができます。

ソーシング(案件検討開始)時から、顧問として詳細な情報分析と密なアドバイスを行うことで、より早期に案件の成功確率や留意点に気付いて頂ける効果があります。

<サービスメニュー例>

  • M&A戦略に基づく買収予定企業のファインディング、ロングリストの作成
  • M&Aの経営統合後を意識した財務・ビジネスデューデリジェンスの実施
  • ストック・オプション付与時の株式報酬費用の算定

国際税務顧問

AGSで実施している「国際業務サービス」は、特に上場会社に対して有効なサービスです。

AGSはクライアントの顧問として、日々日常から、海外進出の検討・展開・撤退まで幅広く国際業務に関するご質問に対応しております。国内の税務・会計のみならず、海外の税務・会計に関してもワンストップで問い合わせ確認できることが、「上場会社顧問サービス」のメリットです。

<サービスメニュー例>

  • 移転価格のベンチマーク調査
  • タックスヘイブン税制の対策
  • グローバルタックス・ミニマイゼーションの検討

AGSのグローバルネットワーク

  • banner_scs
  • banner_eos
  • banner_myts

問合せ可能先

問い合わせ可能先





FSR(ファイナンシャル・サポート・リテーナー)

既に税務顧問がいる上場会社にとっても極めて有効なアドオンサービス、それがFSRです。『FSR』とは次の機能も表現しています。
:ファーストコンタクト・・・新しい会計基準や税制改正情報を、まずは基本的な事も含めて解説してほしい。
:セカンドオピニオン・・・監査法人や顧問の先生以外で第三者の意見を聞いてみたい。会社としての意思決定に役立てたい。
:リアルタイムインフォメーション・・「会計分野」「税務分野」「国際分野」「M&A分野」「その他分野」の各分野において、いち早く情報をキャッチ・整理し、データ提供をして欲しい。

FSRを導入された上場会社には、広範な分野における最新情報の中から会社にとって重要性の高いものを抽出し、素早い情報提供と解説を行います。監査法人よりも会社側に近い目線での意見提示や、顧問税理士の見解を踏まえた上での第三者意見の提供を行い、場合によっては国税OBとの連携も図ります。

<採用メリット>

管理部として定期的かつ網羅的に最新情報の収集・整理ができるため、参加メンバー全員の知識習得とともに、新会計基準や税制改正に対し早い時期から対策がうてるようになります。また、検討中のスキームの評価や見直しにより、リスクの低減・回避に繋がる可能性もあります。

お問い合わせ

●サービス