会計士60名・税理士65名を擁する総合会計事務所
AGSコンサルティング | AGS税理士法人

agsのロゴ

メニューを開くボタン
  • HOME
  • >
  • AGS way「サービスに対する考え方」

AGSwayイメージ画像

AGS way「サービスに対する考え方」

私たちAGSグループが創業から大切にしてきたもの、目指してきたもの。そしてこれから守り続けるもの。

サービスに対する考え方

私たちが社会に貢献していくための価値観についてご説明します。

機密情報に対する考え方

情報化社会と呼ばれて久しくなった今日、保有する機密情報資産を適切に管理することは企業の社会的責任です。
会計・税務を中心とした総合的なサービスを提供している私たちAGSグループにとっても、機密情報資産の適切な管理は極めて重要なものと位置付けています。

 

私たちAGSグループは、技術面および運用面での情報セキュリティ対策の実施を通じて機密情報管理態勢の継続的改善に取り組んでおり、機密情報資産の機密性・完全性・可用性の確保に努めています。
具体的な管理方法については、機密情報管理委員会が定めた機密情報管理規程および機密情報管理ガイドラインに則って運用しています。
機密情報管理委員会は、代表取締役社長を委員長として組織し、機密情報管理全般に関する事項の組織横断的な審議・調整を行っています。
また、経営企画部門を情報管理の所管部署とし、機密情報の管理状況を定期的に監査するとともに、安全管理措置の周知徹底・教育等を行っています。

お客様に対する考え方

私たちは、お客様の気持ちや立場にたって真っ先に行動することを志向しています。
もちろん、気に入っていただくことだけを志向している訳ではありません。
華々しい成功の裏で、一流のアスリートは、コーチから細かいフォームの乱れを指摘され、修正方法のアドバイスを受けます。
私たちは職業的専門家として、お客様にとって本当に必要なことであれば、たとえ一時怒られても進言しなければならないことがあります。
私たちは信念を持って、真の意味での「クライアントファースト」を貫くべく、日々気持ちを込めてサービスを提供しています。

仕事に対する考え方

企業が成長し続けていくためには、「経営管理機能」の充実が必要不可欠です。
私たちAGSグループは身近なアカウンティング・ファームとして、単なる経理補助サービスではなく、経営管理全般に関するサービスを創業以来提供してきました。
私たちはこれを「マネジメント・サービス」と呼んでおり、多岐にわたるサービスは全てこれに内包されるものと考えています。
この「マネジメント・サービス」の根底にあることは、お客様である企業が成長するために必要なことを考え、対話を繰り返し、知識や経験を駆使してさまざまな提案を行い続け、お客様に実現していただくことです。
当然ながら専門性とホスピタリティが求められますが、これらを高めていくための取組みを全社的に行っています。
まず、専門性を向上させるためのメンバーを任命するとともに参考書を指定し、各種勉強会を実施しながら、属人的でなく組織的なナレッジ形成に努めています。
また、一社のお客様からご依頼いただく業務はひとつとは限らないため、私たちは窓口となるコンサルタントを責任者(メインスタッフ)として設置し、あらゆるご依頼に対応しています。
一方で、コンサルタントたちの持つそれぞれの強みを複合的に活用することも少なくありません。
ご依頼の内容が広範にわたる場合はプロジェクトチームを組織し、質の高いサービスをスピーディーに提供していきます。